いかにして人物となるか

昨秋、全六講を終えた第七回古典活学講座(弊社主催)が早くも一冊の本になりました。
テーマは「いかにして人物となるか」。読者を深遠なる古典の世界に誘うのは、安岡正篤師の高弟にして、七歳から『論語』に学び続ける伊與田覺氏、御年九十七歳。
致知出版発行
価格は、税込、送料別です。

送料に関して

1,900円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません